スポンサーリンク

【あつ森】プレイ日記 01

ゲーム
スポンサーリンク

「あつまれ どうぶつの森」

わたしも始めました。
こういうゲームは手をつけても頑張れない気がするな〜、とぼんやり思っていましたが
ちまちま遊ぶのにかなりちょうどいい。超ライトに遊んでいます。


うちの島の名前は「おっとっ島(とう)」です。

 

しかしこれが飛行場の名前にも使われるとは思っていなかったので

 


「おっとっ飛行場」になってしまったのは想定外でした。
言いにくそう。

 

マイホームはメインの部屋のほかに2部屋増えた段階で、少しずつですがお金を稼いでローンを返済しております。
そんなかんじで前作までのどうぶつの森らしい遊び方もしているのですが、

今作、ただ住民を見ているだけでけっこう楽しいんですよね。


ワニのヤマトくん(コワイ系の性格)
普段はボーダーのTシャツを着ていますが運動するときはジャージにスポーツサングラス姿に着替えたり

 


トリのうずまきちゃん(ふつう系の性格)
夜はパジャマに着替えてお家で読書をしていたり

 


コグマのみすずさん(オトナ系の性格)
島に引っ越してきてすぐの日は部屋がダンボールだらけでお掃除していたり、
場面場面に合わせた服装や行動をしているんですよね。ちゃんと生活してる。

ちなみにこちらの3枚はゲーム内のカメラ機能を使って撮影したスクリーンショットです。
フィルターによっては背景をぼかしてくれたりするので、お手軽にいい感じのスクリーンショットが撮れます。

マルチプレイで一緒に遊んだ友達と並んで写真を撮るのも記念になってよいですね。
(操作キャラにさまざまなリアクションをさせたり、釣った魚を見せびらかしたりしつつ)

 

 

 


現在おっとっ島は島民が上限の10人まで揃いました。
あとは物を飾って景観を良くし、島の評価とやらを星3つにしたらチュートリアルはクリア、的な具合でしょうか。

 

評価をあげると解放されるらしい「島クリエイター」とやらが見えてきました。
これがハマる人はかなりハマってしまう要素のようですね。

もともと島の形(流れている川の位置、池の位置や形、出島の位置など)は、
ある程度の決められたパターンの中から選んでスタートするのですが、どうやらこの島クリエイター、自分で地形をいじることができるそうで。
プレイヤーによってはゲームを始める段階で好みの地形や住民が来るまでデータを消して何度もやり直したりすることもあるのに、そこ自分でいじれちゃうの!?というびっくり。

ツイッターなどを見ていると住民の家を綺麗に並べて住宅街風にしたり、便利な地形に変えつつ自然な景観を作り上げている方がいました。センスと労力がすごい。

マインクラフトなどサンドボックス系のゲームが得意な方はかなりハマりそうですね。
わたしなんかはビビッてしまって元の地形をなかなか削れないタイプです…。

次回更新までには島クリエイターになって、少し整地した様子をお見せできたらいいなと思います。

 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました