スポンサーリンク

「異世界で僕は美少女に出会えない!?」作者:東郷しのぶ様

小説
スポンサーリンク

こちらの記事は私が読んで「面白い」と思ったオススメのWeb小説をご紹介しようというものです!

第二十二回は、東郷しのぶ様の「異世界で僕は美少女に出会えない!?」です!

 

作品閲覧はこちらからどうぞ!

異世界で僕は美少女に出会えない!?
 16歳、青春真っ盛りながらも女の子にモテたことのない少年サ// 無料オンライン小説です

あらすじ(作品より一部引用)

16歳、青春真っ盛りながらも女の子にモテたことのない少年サブローは、念願の異世界行きを果たす。「異世界と言えば美少女とのキャッキャウフフ。夢はハーレムだよね!」と期待に胸を膨らませるサブローだったが、異世界も現実の壁は厳しかった……。基本はコメディーですけど、バトルや恋愛、シリアスの要素もそれなりに入ります。
サブローは異世界転移前に地獄で鬼たちによる猛特訓(笑)を受けているため、かなり強いです。
物語が進むにつれて、ケモノっ娘・令嬢・メイド・女騎士・魔法使い……と、複数名のヒロインが出てきます。但し、一般的美少女形態(?)とは異なるケースが存在しますのでご注意を。

※異世界が舞台になるのは、2章からです。

(ノベルゲーム風)試し読み

 これは少年が少女たちと出会い、少女たちが少年と出会う物語。

 日差しが、眩しい。僕は目を細める。

 しきりに鼓膜を叩く音がする――ドッドッド。ああ、自分の心臓の鼓動か。

 がらにも無く、緊張しているな。

 ……当たり前か。今から、命のやり取りをするんだから。

 ここは異世界ウェステニラ。

 眼前に立つ若者は、誇り高き騎士。僕の知る限り、最強の剣の使い手。

 僕より3つ上の19歳。平民身分の僕にも礼儀正しく接してくれて、その人柄は大変好ましく――秘かに、尊敬していた。更に研鑽けんさんに励めば、彼の友人になれるかもしれないとさえ思っていた。

 それがまさか、こんな事態になるなんて。

 分かる。

 彼は、僕より強い。

 自分もそれなりに経験を積んできたと自負していたけど、彼と対峙しているだけで、その慢心が音を立てて崩れていく。

 しかし、負けるわけにはいかない。

 大地を踏みしめる己の足を自覚する。

 気合いを入れ直し、彼の澄んだ瞳を見返した。

 彼に無言で告げる。――〝僕は、貴方を倒す〟と。

 一切、手心を加えたりはしない。正真正銘、全力だ。

 僕が勝利によって得るべきもの。

 栄誉なんかじゃ無い。自身の生還は重要だが――なおいっそう、貴重なものがある。

 そう。それは、彼女・・の生命。

 僕が彼に敗れれば、彼女の処刑が執行される。

 彼女は、殺される。

 そしておそらく、悲劇の連鎖はそれだけで終わりはしないだろう。

 彼女が居なくなったら、あの人・・・は完全に孤立する。いや、それ以前にあの人の心は壊れてしまうに違いない。

 あの人が破滅して、それでもあの人の妹・・・・・は〝万人に愛される、奇跡の白鳥〟を演じていられるだろうか? 家を呪い、国を呪い、世を呪い、〝真の傾国〟へ成り果ててしまうのでは?

 何より、僕の傍らにありつづけてくれている愛しい少女・・・・・の未来は――。

 敗北は、絶対に許されない。

 僕は何のために、異世界転移したんだ? 何を求めて、ウェステニラへやって来た?

 出会い、語らい、ともに歩んだ少女たち。

 彼女たちが不幸になっていく様を、ただ傍観するだけ……そんな自分は、受け入れられない。納得できない。我慢できない。

 そうだ。僕は誓ったはずだ。

〝何があっても守ってみせる〟――と。

 深呼吸する。

 師たちの教えを思い出せ。

 手足は熱く、頭は冷静に――。

 僕はゆっくりと刀を構えた。

 戦いが、始まる。

 

「え~と、何で僕はこんなところに? どこなんですか? ここ」

 ふわふわした雲の上のような場所に、僕は居る。周囲はどこまでも広がる空間。突っ立った僕の目の前に存在するのは、古ぼけた椅子に腰掛けているたった1人のお年寄りのみだった。

 老人は白い髭をしごきながら、僕へ問いかける。

「お主は、間中三郎で間違いないな」

「ハイ、その通りです」

「年齢は16歳、成績は中の下、運動能力は中の下、容姿は中の下で間違いないな」

「…………」

「無返答は肯定とみなす」

 なんだ、この爺さん、僕をディスってんのか?

「お主は死んでしまったのじゃ」

「えっ」

 そんなの記憶に無いぞ。

 今朝起きて、朝ご飯食べて、学校に行くために家を出て……ダメだ。それから後が思い出せない。

「ひょっとして、車道に飛び出した猫を助けようとしてトラックに轢かれたんですか?」

「なんじゃ、それは?」

「トラック転生という現在流行りの死に方なんですが」

 僕はファンタジー小説を愛読している。特に転生モノは大好物だ。

「そんな死に方が下界では溢れているのか。怖ろしいのう」

 老人は顔色を青ざめさせて、身体を小刻みに震わせた。

 幼女プルプルならともかく、お年寄りがプルプルしても全然可愛くないな。血圧の変化が気になるだけだ。

「トラックじゃ無いとすると、通り魔に刺されたとか」

「お主は変な死に方に拘るのう。変態趣味か?」

 転生の定番ネタを知らない爺さんに、怒りを覚える。僕が敬老趣味に溢れていなかったら、掴みかかっているところだ。

「ま、死に方なんてどうでも良いじゃろ」

「良くないよ!」

「肝心なのは、お主はもう死んでしまって、生き返ったりは出来ないということじゃ」

「そんな……お父さん、お母さん」

 目からブワッと涙が零れてしまう。

 自分が死んでしまったことには実感が無いせいか、あまりショックを感じないけど、親しかった人たちにもう会えないのがとても辛い。特に両親。

 お父さん、お母さん、ろくな親孝行も出来ず、ごめんなさい。

「死んでしまったお主には、3つの選択肢が用意されている」

 俯いている僕に、老人が話しかけてくる。

 落ち込んでいる人生の後輩に対して、ちょっと冷たいんじゃないかなぁ。慰めてくれても。……いや、美少女や美女に慰められるのはドンと来いだけど、爺さんに慰められても嬉しくないか。

『ワシの胸でお泣き』なんて言われたら、全力ダッシュで逃げ出してしまうだろう。

「なにやら不穏なことを考えているように見えるんじゃが……」

 老人が訝しげな眼で僕を見る。

「そんなことはありません。美女の抱擁と爺さんの抱擁には天と地ほど隔たりがあるなぁと、哲学的考察にふけっていただけです」

「世界の全哲学者に謝るべきじゃな」

 老人が何やらツッコんでくるが、華麗にスルーする。美女のツッコミなら、良かったんだが。

 それにしても『美女のツッコミ』と言われても何とも思わないけど、『美女へのツッコミ』という単語の羅列には、妙な興奮を感じるね。一文字加えるだけで、えらい違いだ。

 ちなみに『爺さんのツッコミ』に一文字加えると…………僕は何を考えているんだろう。気持ち悪くなってきた。

「大丈夫か? 顔色が良くないようじゃが」

「大丈夫です。話を続けてください」

「本当に大丈夫か? 座薬をツッコむか?」

「やめてください!」

 僕は悲鳴を上げる。

 座薬なんて、何て怖ろしいピンポイントチョイスをするんだ! だいたい、死んだ人間に薬を投与してどうすんだ。

「座薬は飲み薬より体内吸収率が良くて、効果抜群なのに……」

 老人がブツブツ呟いている。

 あんたの座薬への思い入れなんて、コッチにはどうでも良いんだよ!

「それで、3つの選択肢って何なんですか?」

 僕は慌てて話題を替えた。

「そうそう、そうじゃった。1つは天国、もう1つは地獄じゃ」

「えっ。天国行きと地獄行きを選べるんですか?」

「うむ。完全な善人と悪人の行き先は決まっているが、善行と悪行どちらもそれほどでは無い人間は、好きなほうを選べる」

 確かに僕は良いことも悪いことも、それほどしていないな。

「でも、それなら皆、天国行きを選ぶんじゃ……」

「そうでも無いぞ。天国は平和で穏やかじゃが、とにかく退屈じゃ。対して、地獄は危険で多少痛い思いをする一方、スリルもある。刑期を終えれば、地獄から出られるしの」

 なるほど。平和な退屈を選ぶか危険な興奮を選ぶか、人によっては『いっちょ、地獄に行ってみっか!』と考えるかもしれないね。

「完全な悪人が行く深層地獄では情け容赦ない責めが待っているが、お主が行くような浅い階層の地獄なら、それほど酷い罰を受けることは無いぞ」

 そう言われると、心惹かれるものがあるな……。

「ただ、最近は浅い階層の地獄は定員オーバー気味での。ワシとしては、天国もけっこうお勧めじゃ」

「地獄に行く人が増えているんですか?」

「うむ。『地獄ではソフトな責めが待っておる』と告げると、妙に顔を赤らめてハァハァ喘ぎながら地獄行きを選ぶ人間が多いのじゃ。あれは、どういうことなのじゃろう?」

 老人は首を捻っている。それは、おそらく特殊な性癖を持つ人たちで……ちょっと待て。もしかして、地獄の浅い階層にはその手の人たちが充満しているのか?

 それで「もっと責めて!」とか「責めが足りない!」とか叫んでたりするのか?

 僕はガラガラ崩れ去る地獄のイメージを脳内に思い描いて、地獄行きを却下する。

「それじゃ、天国に行くとするかな」

 そう呟きながらも心は弾まない。

 でも、天国へ行けるのに文句なんて言ってちゃダメだよね。

「あっ。選択肢は3つあるって言ってましたよね。もう1つは何でしょうか?」

 試しに尋ねてみると、老人は厳かに僕へ告げた。

「異世界じゃ」

 異世界転生キタ――――!

 

 試し読みはここまでです! 続きは作品ページをご覧ください!

感想

「面白く」「読みやすい」異世界転生モノです。
コメディー風でありながら、「バトル」「恋愛」「シリアス」等色々な要素を含み、楽しむことが出来ます。

個人的に面白いのは、「物語背景」と「登場人物」です!
この辺りは文字で上手く伝える自信がないので、是非一度読んでみてください!

ある程度序盤を読んでいただければ、この面白さがきっと伝わると思います!

実況朗読

※ネタバレを含みます!

異世界で僕は美少女に出会えない!

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました