スポンサーリンク

「命を救ってくれたのは鋼の肉体でした 。」作者:T・G・ヤンデルセン様

小説
スポンサーリンク

こちらの記事は私が読んで「面白い」と思ったオススメのWeb小説をご紹介しようというものです!

第七回は、T・G・ヤンデルセン様の「命を救ってくれたのは鋼の肉体でした 。」です!

 

作品閲覧はこちらからどうぞ!

命を救ってくれたのは鋼の肉体でした 。
R15 異世界転生 異世界転移 冒険 ギャグ 男主人公 西洋 中世 ハーレム チート ハッピーエンド

あらすじ(作品から一部引用)

女神さまとやらの手違いで死亡した俺は、将来超有望なチート能力を持って転生(転移)することに。
だが転生(転移)したとたん、とんでもない命の危険にさらされて……?

(ノベルゲーム風)試し読み

 ──運命の女神さまとやらの手違いにより、本来ならば遭遇するはずではなかったトラック事故に巻き込まれてあっさり死亡した俺。

 残念ながら、そのまま俺を元通りに生き返らせることは女神さまにも不可能だったらしい。

 その代わりに、女神さまは俺にゲームのようなレベルやステータス、スキルが存在する異世界への転生──厳密に言えば転移か? をさせてくれることになった。

 それも、あるチート能力のオマケ付きで、だ。

 能力の名は──【継ぎ接ぎだらけのスキル・パッチワーカー器用貧乏】。

 ゲームの設定画面のように目の前の視界に表示されるウィンドウで「スキル」と呼ばれる特殊能力をセットすると、そのスキルをまるで熟練者のように扱えるようになる、というものだ。

 転生したて、1レベルの時点で俺が最初からセットできるスキルはひとつだけだが、レベルが上がるごとにセットできるスキルの数が増えていくらしい。

 一度セットすると30分は別のスキルに変更できない、という制限はあるが、戦闘以外の面でも応用性が高く、成長すれば無敵の俺TUEEEE系主人公生活も夢じゃない。まさにチートというべき能力だ。

(……能力が使えるようになるのは転生(転移)完了直後からだけど、大サービスで、最初から選択・セット可能なスキル100個の詰め合わせも追加しといてあげたわ! ゴミスキルも多いけど、レアスキルも1つは確実に入ってるはずだから、有効に使ってね!)

 至れり尽くせりに思える、女神さまのその言葉とともに異世界に飛ばされた俺は────

「ちっくしょおぉぉっ! なんなんだよ、このクソゲー仕様はぁっ!!」

 ────転生(転移)した瞬間、偶然その場に居合わせたゴブリンに襲われて、いきなり死にかけていた。

 ◆  ◆  ◆

「うわっ、うわぁっ! 来るな、来るなぁっ! あっち行けぇっ!」

 ……たかがゴブリン、などと侮るなかれ。

 こちとら平和な日本のぬるま湯育ち。ごく普通のオタク高校生なのだ。

 目を血走らせ牙を剥き出しにして、錆びたナイフ片手に殺意満タンで自分を殺しにかかってくる、緑色の肌の醜悪な子鬼。

 そんなものを目の前にして平静でいられる訳がない。

 とっさに傍に落ちていた木の枝を拾い上げることができたのは僥倖だったが、パニック気味に振り回すことしか出来ない。

 既に数ヶ所斬りつけられた身体のあちこちからは血が流れ、今まで経験したこともないような痛みをズキズキと訴えてくる。

(こ、このままじゃ死ぬ。殺される……!)

 この状況を打開するには、チート能力に頼るしかない。ないのだが……

(……あんの、駄女神ぃっ! せめてウィンドウの大きさくらい自由に変更できるようにしとけよぉっ!)

 スキルの選択画面は『目の前の視界』に表示されるのだ。

 視界を大幅に制限されるこの仕様は、戦闘中に使うにはあまりにもリスクが高い。

 ウィンドウを開いている間に攻撃されたら、まともにかわしたり防いだりなどは不可能だろう。

 チャンスは数秒、一度きり。やり直しのきかない一発勝負。

 俺は覚悟を決めると木の枝を構え直し、目の前のゴブリンを睨みつける。

 雰囲気が変わったのを察したのか、ゴブリンが警戒するように動きを止めた。

 その一瞬の隙にウィンドウを開き、スキル一覧を呼び出す。

『現在時刻表示』『味覚強化+2』『敏捷力+1』『エルフ語会話』『敵意感知』『床上手』『投げナイフ+1』『ツッコミ+5』『盆踊り』『裁縫+4』……

 戦闘系・非戦闘系問わず、様々なスキルがごちゃ混ぜに目の前に表示される。一応戦闘系のスキルもあるようだが、この状況を打破できるような強力なスキルかどうかは微妙だ。

(字ぃちっちゃいし、読みづれええ! せめて戦闘系・非戦闘系のタグつけるなり、検索機能やソート機能つけるなりくらいしとけよ駄女神!)

 こちらの視線がきょときょとと宙をさまよっているのに気づいたのだろう。警戒するかのように俺から距離をとっていたゴブリンが飛び跳ねるような動きで再び迫ってくるのを、視界の隅で捉える。

(ヤバいヤバいヤバいヤバい! 死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ! 何か、何かないか、戦闘系の強そうなスキル!)

 必死で指をスライドさせてわたわたと画面を切り替えていくうちに、ひとつのスキル名が俺の目に止まった。

『鋼の肉体』

「────これだっ!」

 決定ボタンを強く押すと同時にウィンドウが消え、ピンポーン、と頭の中で間の抜けたチャイムの音が鳴り響く。

【────スキル設定を確認。《金岡の肉体(かねおかのにくたい)》を有効化します】

 その瞬間。

 俺は『ツッコミ+5』を有効化したわけでもないのに全力で叫んでいた。

「鋼(はがね)じゃねえのかよっ! っていうか! 金岡(かねおか)って誰だあああ!!」

───────────────────────

スキル名:『金岡の肉体』

 ○○県在住の漁師、金岡権造(かねおか・ごんぞう)さん(46歳。薄毛が悩み)と同等の肉体能力を発揮できるようになる。

───────────────────────

 

 試し読みはここまでです! 続きは作品ページをご覧ください!

感想

ツボに入りました! いやぁ、面白い! ってか、発想の勝利ですね!

異世界転生は大抵長編ですが、サクッと読める上に、まさに「一点突破」!

騙されたと思って読んでみてくださいw

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました