スポンサーリンク

「賢者の贈り物」作者:高石すず音様

小説
スポンサーリンク

こちらの記事は私が読んで「面白い」と思ったオススメのWeb小説をご紹介しようというものです!

第六回は、高石すず音様の「賢者の贈り物」です!

 

作品閲覧はこちらからどうぞ!

賢者の贈り物
定番のクリスマス・ストーリーです。O.Henry原作『賢者の// 無料オンライン小説です

あらすじ(作品より引用)

定番のクリスマス・ストーリーです。
本作は、O.Henry原作『賢者の贈り物(原題:The Gift of the Magi)』を新たに翻訳した上で、朗読用に編集したものです。

(ノベルゲーム風)試し読み

1ドル87セント。たったこれっぽっち。そのうち60セントは、ぜんぶ小銭。雑貨屋、八百屋、肉屋ーー買い物に行っては細かく値切り、せっせと貯金に回しました。

(こんな切羽詰まったやり取りをするのは、本当は恥ずかしいし、心が痛い……)

デラは、情けない気持ちになりました。

貯金箱をひっくり返し、入っているお金を勘定すると、1ドル87セントしかありません。2回も勘定し直しましたが、結果は同じ。やっぱり、1ドル87セントしかないのです。

(明日はクリスマスだっていうのに……)

デラは遣る瀬なくて、ガタの来たちっぽけな椅子に、力なく崩れ落ちるしかありませんでした。

(人生には、雨の日も晴れの日も、嵐の日もある。でも、雨が降り止むことなんて、滅多にないのね)

万策尽きて、膝に顔をうずめていると、そんなふうにさえ思えてきます。

***

彼女が今こうして思いあぐねているのは、家賃週8ドル、家具付き安アパートの一室です。目もあてられない、とまではいかなくても、どう言い繕っても、掃き溜めのようなみすぼらしさを隠せないこの部屋で、毎日、夫の帰りを待っています。

アパートの入口の郵便受けには、一向に手紙が届く気配がなく、呼び鈴は壊れて使い物になりません。そして、「ミスター・ジェームズ・ディリンガム・ヤング」と書かれた小さな表札が、申し訳程度に懸かっているばかりです。

かつては、この部屋のあるじが週に30ドル稼いできて、順風満帆、この表札も、暖かな風にそよいでいたものです。しかし、それも今は昔、収入は週 20ドルにまで減ってしまいました。この夫妻は、「ディリンガム」といういかめしいミドルネームが、なんだか今の暮らし向きに不釣り合いなような気がして、いっそのこと、頭文字だけ残して、表札を「ミスター・ジェームズ・D・ヤング」にしてしまおうか、と真剣に迷ったくらいです。

そんな中でも、夫である「ミスター・ジェームズ・ディリンガム・ヤング」こと「ジム」が家に帰ってくると、妻である「ミセス・ジェームズ・ディリンガム・ヤング」、つまり「デラ」が、夫を力いっぱいに抱きしめて、「おかえり」を言うのです。その光景といったら、本当に微笑ましいものです。

***

ひとしきり泣いたあと、デラは化粧直しを済ませました。虚ろな瞳に映る窓の外はモノクロの世界で、灰色の猫が、殺風景な裏庭の煤けたフェンスの上を歩いて行きます。明日はクリスマスだというのに、デラの手元には、1ドル87セントしかありません。

(これじゃあ、ジムに何も買ってあげられないな)

何ヶ月ものあいだ必死で貯金した結果が、この有り様です。週に20ドルという収入の、なんと頼りないことでしょう。思ったよりも毎月の支出が嵩んでしまうのはいつものことで、その積み重ねが、今のこの状況です。たった1ドル87セントで、いったい何を、ジムに買ってあげられるというのでしょう。

(大好きなジムのために、何かしてあげたい)

彼の喜ぶ顔が見たくて、デラはずっと計画を練っていたのです。

(世界にたったひとつの、心の籠もった素敵な贈り物ーー少しでもジムに相応しいものを、プレゼントするんだ)

***

この部屋の窓側の柱には、細長い壁掛け鏡があります。家賃週8ドルくらいの安アパートにはありがちな、細身で器用な人が辛うじて全身を一瞥できるような代物です。細身で華奢なデラは、その要領をよく心得ていました。デラは、窓からくるりと向き直って、美しく澄んだ瞳で鏡の前に立ちました。しかし、その顔色は、少しの間にみるみる青ざめていきましたーーと、とっさに髪をほどいて、長い髪をおろしました。

ジェームズ・ディリンガム・ヤング夫妻には、ふたつ、宝物がありました。ひとつは、金でできた、ジムの懐中時計です。これは、ジムが、お父さんとお祖父さんから受け継いだ物です。そして、もうひとつはーーデラの長い髪です。

たとえば、シバの女王さまが、アパートの谷間を隔てて斜向かいに住んでいて、たくさんの宝石や贈り物を持っていたとしましょう。それでも、デラが髪を乾かそうと、窓の外の風に吹かれているだけで、女王さまの持ち物は、たちまち色褪せてしまうことでしょう。

それから、もし、ソロモン王が、このアパートの管理人で、地下室に山のように宝物を蓄えていたとしましょう。それでも、ジムが通りすがりに懐中時計を取り出すと、その度に、立派な顎髭を掻きむしっては、羨んだことでしょう。

デラの長い髪は、膝くらいまであって、ただそれだけで、彼女の身体を纏う衣装でした。まるで、きらきらと鼈甲色に輝く水が、幾重にも重なる小さな滝を流れていくような美しさでした。

するとデラは、神経質そうに髪を縛り直して、しばらく考え事をしていたかと思うと、こんどは、呆然と立ちつくしてしまいました。零れ落ちた涙が、ほんの少し、擦り切れた赤色の絨毯を濡らしました。

デラは、まだ涙の乾かないうちに、慌ただしくスカートを履き、古ぼけた褐色のジャケットを羽織り、褐色の帽子を被り、ばたばたとドアを開けて階段を降り、街へと繰り出して行きました。

***

『毛髪に関する製品各種。マダム・ソフロニーの店』という看板のところで、デラは足を止め、階段を駆け上りました。呼吸を整えて店に入ると、「ソフロニー」という柔和そうな名前とは程遠い、大柄で、かなり色白の、冷酷そうな女性がいました。

「あの、私の髪を買って頂けませんか?」

デラが尋ねると、ソフロニーは「ああ、買うよ。帽子を脱ぎな、見てやるよ」と、慣れた手つきでデラの髪を持ち上げ、質感を確かめながら値踏みし、冷たく言い放ちました。

「20ドル」

すると、デラは迷わず答えました。

「それで結構です。すぐに、お金に換えて下さい」

それからの数時間は、まるで夢のように、あっという間に過ぎました。こんなありきたりな言い方では足りないくらい、デラは店から店を訪ね歩き、ジムへのプレゼントを無我夢中で探しました。

そして、遂に見つけたのです。他の誰でもなく、ジムのためだけに作られたに違いない物が、あったのです。これほどの物は、他の店ではまたとありません。どこの店も隈なく見て回ったデラには、それがわかります。見つけたのは、プラチナでできた、懐中時計の鎖でした。上等な物がいつもそうであるように、余分な飾りがなく、シンプルで上品なデザインで、それだけで確かな価値がわかるものでした。この鎖を見た瞬間、それがジムのものだという直感があったのです。

(きっと、ジムのあの懐中時計にぴったりだわ。だって、まるでジムそのものだもの。穏やかで、かけがえのないものーーそんな言葉がよく似合う。ジムにも、この鎖にも)

デラは、この鎖を21ドルで手に入れ、残りのたった87セントを握りしめて、家路を急ぎました。

(この鎖があれば、ジムがいつ、どこで時計を取り出したって、恥ずかしくないわね)

ジムはこれまで、懐中時計の鎖の代わりに、ぼろぼろの革紐をつけていました。それが、気品のある懐中時計の雰囲気にそぐわなかったせいで、人目をはばかりながら時計の針を見ることがあったのです。

***

家に着いた時、デラは少しだけ興奮がさめ、冷静さを取り戻しつつありました。そして、コテを取り出すと、火にあてて、ジムへの愛と大胆さゆえの傷痕ーーつまり、バッサリと切りっぱなしの毛先を巻いて、手直ししました。こういう作業はいつだって、かなりの苦戦を強いられるものです。

努力もむなしく、小一時間かけて出来上がったのは、いかにも学校の授業をサボって遊んでいそうな、くせっ毛のやんちゃな男の子でした。デラはその姿を、鏡越しにじっとりと、恨めしそうに見つめていました。

(ジムなら取って食うようなことはしないだろうけど、こんなの、ひと目見た瞬間に、「コニーアイランドにいるミュージカル女優みたいだ」って言われてしまいそうだわ。でも、どうしようもない。だって、1ドルと87セントしか、なかったんだから……)

***

時計の針は、夜の7時を指しています。すぐに肉が焼けるように、ストーブの上には熱々のフライパンが載っています。コーヒーの支度もできています。

ジムはいつも、決まった時間には帰ってきます。デラは、今日手に入れた時計の鎖を握りしめながら、ドアにいちばん近いテーブルの隅に腰掛けて、夫の帰りを待ちました。もうすぐ、このドアを開けて、ジムが帰ってきます。

階下に、彼の足音がしました。すると、一瞬、血の気のひくような思いがしました。デラは、日常の些細な事にでも小さな祈りを捧げるのが癖で、この時も、「どうか、ジムに嫌われたりしませんように……」と、小さな声で、神に祈りました。

ジムが、ドアを開けて帰ってきました。細身の、真面目そうな、まだ22歳の青年ですが、もう一家の大黒柱です。でも、かわいそうに、オーバーコートは擦り切れ、手袋も買えずにいます。

彼は、ドアの前で立ち止まると、まるで、獲物の匂いを嗅ぎつけた猟犬のように、微動だにしないで、瞳を見開いたままデラを見つめていました。二人の間には沈黙が流れ、デラは固唾を呑みました。それは、怒りでも、驚きでも、落胆でも、嫌悪でもない、全く思いがけない反応でした。ジムはただただ、普段とはかけ離れた表情のまま、妻の姿に釘付けになっています。

すると、デラは椅子から立ち上がり、夫の方へと向き直りました。

「お願いだから、ジム、そんな目で私を見ないで! 髪の毛は、切って、売ってしまったの。だって、あなたに何もあげられないクリスマスなんて、嫌だったから。髪の毛のことは、心配しないで。またすぐに伸びるわ。ただ、必要があったから、切っただけ。ほら、私の髪って、あっという間に伸びるでしょ? だから、ねえ、ジム。『メリー・クリスマス』って言って、一緒に楽しく過ごそうよーーそうだ、あなたにとっておきのプレゼントがあるのよ!」

「髪を、切ってしまったの?」

ジムは、未だに目の前の現実を呑み込めないまま、声を絞り出しました。

「そうよ、髪を切って、売ったのよ。前のほうが、よかった? 長い髪じゃなかったら、私じゃない?」

そんなデラの質問にも答えられずに、ジムはまだ呆けた様子で部屋の中を見回していました。

「君の長い髪が、もう、どこにもないって……どういうことなの?」

 

 試し読みはここまでです! 続きは作品ページをご覧ください!

感想

夫婦がお互いのために大事な物を売ってしまう――。あらすじをご存じの方は多いと思いますが、元のお話をちゃんと読んだ(覚えている)方は意外と少ないのでは?
いやもう、とても良いお話です。本心を言えば、試し読みに全文入れたかったです!
知っている人も知らない人も、是非最後まで読んで欲しいと思います!

実況朗読

※ネタバレを含みます!

賢者の贈り物

コメント

  1. 高石すず音 より:

    FAL様、初めまして。高石すず音と申します。
    こちらのコメント欄からメッセージをお送りできたところ、失礼の程お赦し下さい。

    この度は『賢者の贈り物』をご紹介下さいまして、ありがとうございます。埋れた作品になりつつあった翻訳でしたが、小説としての観点でご覧いただき、感想をお寄せ頂けて、大感激です。

    挿絵入りの「(ノベルゲーム風)試し読み」も、とても嬉しく拝見しました。自作品のテキストですが、どんどん続きを読みたくなりました。

    これを励みにまた頑張ります。駆け出しの作家のところ、本当にありがとうございました。

    新しい土地での生活を始められたとのこと、これからも益々のご活躍を祈念しております。また楽しみに拝読に参ります。

    • FAL FAL より:

      こちらこそ素敵な作品をありがとうございました!
      なにぶん始めたばかりで至らない部分も多々ありますが、盛り上げに貢献出来ているなら嬉しい限りです。
      他にも素晴らしい作品を扱ってまいりますので、興味が湧きましたら閲覧いただけますと幸いでございます。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました